南アフリカワイン通販ショップのアフリカー。高品質&高コスパ♪♪そして人と自然に優しい南アフリカワインを心を込めてお届けします♪♪

南アフリカワインの歴史(1)南アフリカにワインが生まれた時(by AI)
 
南アフリカとワイン、その結びつきにはどんな歴史があるのか…。 「奥深き南アフリカとワインの歴史をひも解き、そして南アフリカワインの魅力を知る。」 みなさんと一緒に勉強していきたいと思います。
 
さて、第一回の今回。テーマはずばり「南アフリカにワインが生まれた時とは」です。
 
アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカ共和国、アフリカのワインの歴史は、この南アフリカという国で、今からやく350年以上前、1652年から始まります。
 
17世紀は大航海時代の終盤。東インド会社が世界中に拠点をつくり、さまざまな貿易ルートが生まれました。 オランダ人のヤン・ファン・リーベリックもケープタウンの指導官として、南アフリカに降り立ちました。リーベリック、教科書に名前の載っていない彼ですが、実は日本の長崎にも赴任経験がある、ちょっとだけ日本とつながりがある人物なんです。彼は南アフリカの気候がワインづくりに適していると考え、1655年、ぶどう栽培を始めました。
 


当初、そもそもワインという飲み物すら知らないという現地の人が多く、理解を得るのも、その栽培方法を伝えるのも困難。道のりは決して楽なものではありませんでした。しかし、栽培開始から4年後の1659年2月2日、ついに南アフリカ最初のワインが誕生しました。
 
彼は、この時の感動をこう書き留めています 「今日、神を賛美します。ケープの葡萄から最初のワインが本日無事に造られました」 次回は、誕生したアフリカワインがどのようにして発展していったのかをご紹介いたします。
 
参考文献: 『南アフリカワインのすべて』田辺 由美 著

                                                                                                           (by AI)
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
リカーショップ アフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
店長日記
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
色付き日付が発送休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR