南アフリカワイン通販のアフリカー。高品質な南アフリカワインを日本最大級の品揃えで、適正な温度/湿度で保管し、リーズナブルな価格で、そして心を込めてお届けします♪♪

----------------------------------------------
Ch.ピションラランド(フランスワイン)とグレンリーレディメイ(南アフリカワイン)の比較
----------------------------------------------

ちょっと前の話ですが、9月下旬マスダさん主催のグレネリーセミナーに行った時の話です。

あの比較が再度行われました♪♪



「グレネリー: レディメイ2011」 と 「Ch. ピションラランド2011」。

南アフリカの5000円のワイン「レディメイ」 VS フランスボルドーの2万円のワイン「ピションラランド」

デキャンターした状態で、ブラインドテイスティングです。
当たるかどうか…。

この2つのワイン。
AとBのワイン、どっちが「レディメイ」でどっちが「ピションラランド」でしょうか?


いや。自分ではわかっているつもりだったのですが、正直迷いました…笑

A:香りは開いており、スミレやイチゴ、チェリーっぽい華やかなボルドーの香りがしました。
B:こちらは逆にまだ香りが開いていない…。

以前飲んだ時に、ピションラランドは、既に飲み頃に入っていて、逆にレディメイの飲み頃は未だ先という感覚だったので、香りから判断すると明らかにAがピションラランド。

しかし、口に入れるとイメージが逆転します。

A:インクっぽい、ピーマンっぽさ、胡椒のようなややスパイシー感を感じます。若干まだ硬い。
B:イチゴっぽさ、バニラっぽさ。果実が溶け込んでいて、柔らかくシルキー。後味にやや甘みがでる。

おっと、香りのイメージとは逆転し、Bの方が柔らかかった。


しかし、何度か口に含んでいくうちに、Bは、ワインの入ったグラスをしばらく放置したときに感じる「ざらついた感じ」もあったので、デキャンターで頑張って柔らかくしたのではないかとの推測も出来た。

よって、Aがピションラランド。Bがレディメイが予想でした。

結果は、正解でした。Aがピションラランド。Bがレディメイ。
このセミナーにいた10人くらいの人の中、正解率は半々でした。
結構難しいものですね。

以上
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
店長日記
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR