南アフリカワイン通販のアフリカー。高品質な南アフリカワインを日本最大級の品揃えで、適正な温度/湿度で保管し、リーズナブルな価格で、そして心を込めてお届けします♪♪

------------------------------------
アフリカー店舗について
------------------------------------


こんにちは!!

店長の小泉俊幸です。

先週の2月12日の事ですが、アフリカー実店舗がオープン致しました(^O^)/
ありがとうございます!!

さて、早速ですが、ご報告を兼ねてこのお店について。語らせて頂きます…笑

1.場所について

東京都足立区、しかも日暮里舎人ライナー沿線という東京23区の中でもマイナーな場所にあります(;^_^A

これは、ちょっとした事情でこうなりました。
都心やアクセスの良い場所への立地を期待されていた方には申し訳ないです。

ですが、近くに舎人公園というのんびり出来そうな公園が有ったり、モノレールに乗ったり、それなりに楽しめるところですよ♪♪



2.店舗外観

可愛らしさ満点のお店です。
外観は、手作りです!!
友人等にお手伝い頂きました!!
ありがとうございます。



3.店舗内部の様子(ワイン売り場)

店舗面積は、30m2という小さな敷地です。
そこを約半分に仕切って、半分はワイン売り場、もう半分はCafeにしています!!

(1)ワイン売り場

まずは、こちらはワイン売り場です!!
ウォークインセラーと言ったところでしょうか。


ワインの保存には気を使っています。

セラー内の温度は約14度。湿度は55%〜70%程度。照明も暗め。

一般的にはワインの保管は14度前後が望ましいと言われています。
SO2の添加量が少ない(50ppm以下)のワインは、特にそのくらい気を使った方が良いと言われています。以前、マリヌーのクリスさんと話をしたことがあるのですが、彼らのワインでおよそトータル50ppm程度とのこと。
ご存知の方も多いかと思いますが、南アフリカワインは、SO2等の添加がかなり少ないワインです。ナチュールのワインも増えてきています。

上記のようにあまりここまで温度管理しているショップさんも多くないので、これは、当店の一つの強みかもしれないですね。




原則、スクリューキャップのワインは、立てて保存。
コルクのワインは、寝かせて保存しています。
これは、コルクの乾燥・縮小を防ぐためです。






(2)Cafeスペース

こちらが、Cafeスペースです。



居心地が良すぎて家みたい…。
来て頂いた方には、山小屋みたい…って言われました笑
それくらい落ち着くと捉えてます笑

Cafeスペースでは、昼間はCafe、夜はBarにしようと思っています。
もちろん、様々なグラスワインを試して頂きたいと思っているからです。

夜のバーTimeは、アフリバーという名前にしようか検討中です…笑

内装も、半分は業者さんにお願いしましたが、残りの半分は自分で造っています。

以上、簡単では御座いますがアフリカー新店のご紹介でした!!

アフリカー
店長: 小泉 俊幸
 
 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
店長日記
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR