南アフリカワイン通販のアフリカー。南アフリカワインの品揃え日本最大級!!適正な温度/湿度で保管し、リーズナブルな価格で、そして心を込めてお届けします♪♪

  • HOME
  • 南アフリカワインの魅力
  • 店主から皆様へ
  • お客様の声
  • CART

ブログ|すべて|ワイナリー巡りとイベントのお話し

2018.09.23
すべて

ワイナリー巡りとイベントのお話し

ワイナリー巡りとイベントのお話し

さて、南アフリカツアーもツアーとしては、終盤になりました。オプショナルツアーでのワイナリー巡り、その他私が参加したイベントのご紹介を致します。

 

まずは、イベントから。

 

今回のツアー。夜は、4日間連続でイベントに出席することになっています。

9/11: 前夜祭レセプション

9/12: ブリードクルーフ地区のシュナン・ブランを飲むパーティ

9/13: ユニークな品種を飲むパーティー

9/14: 黒人女性メーカーのワインを飲むパーティー

※2日目と3日目のイベントは幾つかあって、人によって参加したイベントが異なります。私は上記のイベントに参加しました。

 

 

正直、イベントで提供されたワインは、まぁまぁなワインが多かったのですが(;^_^A。それでも、面白かったのは黒人女性メーカーのワインを飲む会です。

日本のマーケット的に、黒人ワインメーカーでも女性でも全然ウェルカムかと思っています。

例えば、Amaniがとても良い例で、実際に素晴らしいワインを造っていますし、日本の消費者でも受け入れられていました!!

皆さん、それほどワインメーカーの人種や性別を気にしていないのでは?と考えています。良いワインが今後も造られるよう応援しております!!

 

さて、下記はオプショナルツアー。

上段:グルートコンスタンシア

下段:ストーニー ブルック

グルートコンスタンシタアは、行ったものの、ここではテイスティングせず…でした。Cape Wine でテイスティングしましたが、良い印象でした。ストーニーブルックは、小さなワイナリーながらとても頑張っているワイナリーでした。ソーヴィニヨンブランが良かったです。

 

フランシュックにある大きなワイナリーと言えば、マリヌー&リーウ。ビックリするくらいゴージャスな設備とレストランが有りました!!そして、やはり個人的にストローワインは絶品!!かと。

 

上段:メゾンエステート

下段:ランゼラック

お馴染み、ランゼラックのピノタージュはやはり良かったです!!

 

上下段ともUVA MIRA ウヴァミラというワイナリーです。品質は良かったのですが、価格がとても高く…。

日本に輸入したら1万円は超えると思われるものもいくつかありました。

 

ツアー途中ではお馴染みの喜望峰へ!!

素晴らしい景観と多様な植物を誇る美しい場所ですが、この20年間で、植物は350種類から250種類くらいに減ってしまったそうです。地球温暖化などの気候変動が理由だそうで…。また、山火事なども有って、植物が焦げた跡も残っていました。南アの自然は、ずば抜けて素晴らしいので、そのかけがえのない自然を是非、守って貰いたいですね。

 

この写真は、メンバーと行ったケープタウンのワインバー。幅広く良質なワインが揃っています。

 

上記は、ジン。

あまりご存知の方いないかもしれませんが、南アフリカではジンが割と盛んです。

 

ジンBar もありますし、アサラのホテルでは、350種類ものジンがグラスで飲めます。ジンメーカーも沢山有って、様々なボタニカルを使っているので、とても複雑・フローラルな味わいがあり、素晴らしい品質に仕上がっていると思います。

 

私的に、南アフリカでここまでジンがメジャーだと思っていなかったので、新たな発見でした!!

 

さて、次回はいよいよ私の一人旅のお話し( ´∀` )個人的に気に入ったワインのワイナリー巡りもあります。

 

お楽しみに!!

 

アフリカー 店長 小泉 俊幸

Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
ショップブログ