南アフリカワインの総合通販サイト。オーソドックスなワインからマニアックなワインまで揃う、日本最大級の南アフリカワインショップです。自社輸入ワインもあります。

数値で見る南アフリカワイン

さて、南アフリカワインを知る上で分かりやすいのがやはり数値の部分。
下記は、1番以外は南アフリカワイン協会(WOSA)で発表されている数値をグラフ化したものです。ご参考までに!!

 
1.世界のワイン生産量と南アフリカ

まずは、世界のワイン生産量と南アフリカのワイン生産量を比較してみましょう!!
下記が世界のワイン大国ベスト10です。ランキングは2015年の数値に基づいています。

1:イタリア(Italy) 
2:フランス(France) 
3:スペイン(Spain) 
4:アメリカ(United States) 
5:アルゼンチン(Argentina)
6:チリ(Chile) 
7:オーストラリア(Australia) 
8:南アフリカ(South Africa) 
9:中国(China) 
10:ドイツ(Germany) 

↓ちなみに、この統計は過去にも記載しています。
世界のワイン生産量(国別ランキング)2015

 
2.南アフリカでのワインの生産量推移



ここ10年間で南アフリカワインがどれくらい造られてきたのか?というグラフです。
縦軸の単位は100万リットル。WOSAで発表している数値をグラフ化しています。
見て頂いても分かる通り、ワイン生産量は右肩上がりです。
またジュースやブランデー等の蒸留酒はどちらかと言えば減っています。

 
3.南アフリカワインの輸出量推移


南アフリカが世界に輸出しているワインの量です。
ご覧いただいている通り、基本的には右肩上がりです。
アパルトヘイト撤廃後の1990年代から急激に伸び始めています!!

 
4.南アフリカワインの輸出先


※単位は%

南アフリカワインの最大の輸出相手はイギリスです。
イギリスから見ても、南アフリカワインの輸入は大きな割合を占めており、2010年にはフランスからの輸入を抜き、第4位になっています。
 
5.南アフリカ国内のワイナリー数推移


ワイナリーの数の推移です。単位は件。
ワイン生産量は右肩上がりで伸びているにも関わらず、ワイナリー数はほぼ横ばい(増えたり減ったり)ですね。という事から、1生産者あたりの生産量が伸びているという状況が読み取れます。
※ちなみに上記ワイナリー件数は、WOSAの統計ですが、プラッターズワインガイド2017には約900件の生産者が載っています。
※フランスのワイナリー数は27,000と言われています。日本のワイナリー数は261だそうです。

 
6.南アフリカのブドウ農家数推移




こちらは、ブドウ農家数の推移です。縦軸の単位は件です。
上記と同じようにワインの生産量は増えているのにも関わらず、ブドウ農家の数は減ってきています。

とあるインポーターさんから聞いた話ですが、ブドウ農家も割と大変だそうです。
良いブドウを造れる農家は良いのですが、そうでない農家は稼げないので、辞めていってると聞いたことがあります。
その話の延長で、ワインの銘醸地「スワートランド・パーデバーグ」地区の一部が鉱山の事業に開放されたとの事があり騒ぎになっています。


 
7.白ワインと赤ワインの生産量比較
(1990年)


「1990年」



「2015年」



上記を比較して頂くと、近年でだいぶ赤ワインの割合が増えて行ったことが分かります。
南アフリカでは、過去、白ワインの生産が盛んでした。それこそ今では「シュナン・ブラン」が有名ですが、100年前は「セミヨン」が最も多い品種でした。

赤ワインの比率が増えたのは、1990年代のアパルトヘイト撤廃により輸出が増え、国際ニーズに対応すべくブドウの樹が抜き替えられ、着々と赤ワインが増えていったという事が背景にあります。

 
8.ブドウ樹齢の分布(2015年)

「白ブドウ」


「黒ブドウ」


元々は白ワインが多かった南アフリカでは、やはり赤ワインようの黒ブドウの樹齢は若い樹が多いですね。対して白ブドウは高樹齢のものも多くあります。
樹齢が高くなるほど凝縮されて良いと言われていることもあるので、今後が楽しみですね。

 
9.南アフリカで栽培されている品種
(2010年)

下記に上位赤白10品種ずつを記載致します。
※数値の単位はヘクタールです。

<白ブドウ>
1 シュナン・ブラン CHENIN BLANC 18,515.47 Ha
2 コロンバール COLOMBAR 11,990.37 Ha
3 ソーヴィニヨン・ブラン SAUVIGNON BLANC 9,550.58 Ha
4 シャルドネ CHARDONNAY 8,278.42 Ha
5 ミュスカ デアレキサンドリア MUSCAT D'ALEXANDRIE 2,167.44 Ha
6 セミヨン SEMILLON 1,182.40 Ha
7 ヴィオニエ VIOGNIER 892.37 Ha
8 ミュスカ・ド・フロンティニャン MUSCAT DE FRONTIGNAN (MUSCADEL) 689.16 Ha 
9 クルシェン(ケープリースリング) CROUCHEN (CAPE RIESLING) 629.01 Ha
10 ヌーヴェル NOUVELLE 422.25 Ha 

<黒ブドウ>
1 カベルネ・ソーヴィニヨン CABERNET SAUVIGNON 12,325.00 Ha 
2 シラーズ(シラー) SHIRAZ (SYRAH) 10,135.61 Ha 
3 メルロー MERLOT 6,496.76 Ha
4 ピノタージュ PINOTAGE 6,239.86 Ha
5 ルビー カベルネ RUBY CABERNET 2,219.72 Ha
6 サンソー CINSAUT 2,051.96 Ha 
7 ピノ・ノワール PINOT NOIR 962.38 Ha
8 カベルネ・フラン CABERNET FRANC 933.71 Ha 
9 プティ・ヴェルド PETIT VERDOT 648.17 Ha 
10 マルベック MALBEC 449.55 Ha 

↓さらなる詳細は、こちらをご覧ください。
https://af-liquor.com/?tid=10&mode=f130


取り急ぎ、「数値で見る南アフリカワイン」の第1回目は以上です。
また2回目もやりますよ♪♪

 
 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
店長日記
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR