南アフリカワインの総合通販サイト。オーソドックスなワインからマニアックなワインまで揃う、日本最大級の南アフリカワインショップです。自社輸入ワインもあります。

南アフリカワインの歴史年表


1652年 オランダの東インド会社がケープタウンに食料補給基地(リフレッシュメントステーション)を設立する。
1655年 最初のブドウの樹がフランス、ドイツ、スペインより持ち込まれ、東インド会社の庭に植樹される。
1657年 東インド会社の49人の職員が、会社の仕事から解放され南アフリカの市民となる。彼らは小さな畑を持つことを許される。この頃から南アフリカでの白人社会が始まる。
1659年 南アフリカで初めてワインが造られる。ヤン・ファン・リーベックは、彼の2月2日の日記に「今日、神を賛美します。ケープの葡萄から最初のワインが本日無事に造られました!!」と記している。
1678年 シモン・ヴァン・デル・ステル知事によってステレンボッシュの街が設立される。
1685年 シモン・ヴァン・デル・ステル知事は、1万本ものブドウの樹をコンスタンシア渓谷に植樹した。
1688年 ワイン醸造のスキルを持った150人前後のユグノー派の人々がケープ地方(フランシュックヴァレー)に移民。彼らがワイン造りの発展に大きく影響したと言われている。
1761年 コンスタンシア社がヨーロッパにワインを輸出し、1788年までの間、甘口ワインが、ヨーロッパ中で大きな評判を獲得した。
1886年 フィロキセラによって、多くのブドウの樹が被害に遭う。
1918年 KWVが設立。当時、KWVは南アフリカブドウ栽培者協同組合として、ブドウの最低価格を設定し、ブドウ農家を守る役目を果たしていた。
1925年 ステレンボッシュ大学のペロード教授が、ピノ・ノワールとサンソーを交配させ、南アフリカのブドウ品種「ピノタージュ」を開発。
1927年 ムラティエのジョージ・カインツ氏が南アフリカで最初のピノ・ノワールをボトリング。
1935年 ステレンボッシュ・ファーマーズ・ワイナリー(以下SWF)が設立される。
1936年 ネダバーグがドイツの移民「ヨハン・グラエ氏」によって買収される。
1945年 ディスティラーズ社が設立される。
1950年 ギルビー南アフリカが設立される。
1959年 SWFがリーベルステイン(※)をリリース。
(※)シュナン・ブランとクレレットブランシェのブレンド甘口ワイン。南アフリカのワインに革命を与えたワイン。
1961年 最初の商品化されたピノタージュがランゼラックよりリリースされる。
1964年 SFWのリーベルステインが3100万リットル売上げ、世界記録を樹立。
1971年 南アフリカで最初のワインルート「ステレンボッシュワインルート」が造られる。
1973年 WO(ワイン・オブ・オリジン)立法が制定される。
1975年 最初のオークション(レアケープワイン)がネダバーグにて開催。
南アフリカで最初のジンファンデルがギルビー社によって販売される。
1980年 テーブルワイン醸造における、残糖分に関するレギュレーションが改訂。
1983年 ケープワインメーカーズギルド(CWG)が設立される。
1984年 南アフリカで初めてフレーバーワインが販売される。
1985年 ケープワインメーカーズギルド(CWG)オークションが開催される。
1990年 WO立法の改正、南アフリカワイン&スピリッツ輸出協会(The SA Wines & Spirits Export Association (SAWSEA))の設立。ネルソンマンデラの釈放。
1991年 初めてナショナルワインショー、及び、ヴェリタスアワードが開催される。
アパルトヘイトが撤廃され始める。
1992年 MCC(メソッド・キャップ・クラシック)協会が設立される。
アパルトヘイト撤廃により、ワインの輸出量が伸び始める。
1993年 ポートワイン生産者協会が設立される。
1994年 ネルソン・マンデラ氏が大統領就任。アパルトヘイト完全撤廃。
1995年 ピノタージュ協会が設立される。
1997年 KWVが民営化(株式会社へ)。
2000年 SAWSEAが南アフリカワイン協会(WOSA)へ改名。WOSAの目的は、南アフリカワイン全体を国際マーケットにて認知度を上げ、ブランド化する事。
SWFがディスティラーズ社と合併し、ディスティル社となる。これにより南アフリカ最大のワイナリー持株会社が誕生。
シュナン・ブラン協会が設立される。
2001年 ミュスカデル協会が設立される。
2002年 白ワインにスクリューキャップが使用され始める。
WIETA(南アフリカワイン産業倫理貿易協会)が設立される。
シラーズ協会が設立される。
2004年 BWI(生物多様性&ワインイニシアティブ)が設立される。また、ケープ植物区保護地域群が世界遺産に登録される。当該地域のワイン産地の95%が世界遺産内に入る事になる。
2005年 世界で初めて生物多様性を謳ったエコなワインルート「グリーンマウンテン・エコ・ルート」が設立されます。場所は、グルーンランドバーグ保護区内。
2007年 Flagstoneワイナリーが米国コンステレーション社によって買収される。
2008年 生物多様性&ワインイニシアティブ(BWI)による環境保護地が104,511ヘクタールを超え、ケープにあるブドウ畑と同じ面積となる。
2010年 生物多様性&ワインイニシアティブ(BWI)による環境保護地が126,590ヘクタールとなり、対ブドウ畑比率120%を達成。
世界初のサスティナビリティシールを導入。環境や自然保護、気候変動への取組が評価され、ドリンク・ビジネス・グリーン・アワード(※)にて多くの生産者が「ドリンク・ビジネス・グリーン賞」を受賞。
(※)ドリンク・ビジネス・グリーン・アワード(本拠地:英国)は、世界の飲料企業や関係者に対して環境の観点から表彰する賞。
南アフリカソムリエカップが開催。FIFAワールドカップ南アフリカが開催。
2011年 WOSAが初めてアジア向けに販促物を作成する。
HCIホールディングス(米国)がKWVの筆頭株主となる。
Flagstone, Fish Hoek, Kumala等が米国コンステレーション社からオーストラリアのChamp社へ売却される。
2012年 WOSAがドリンク・ビジネス・グリーン・アワードにてより「ドリンク・ビジネス・サスティナビリティ賞」を受賞。
2013年 WOSAのスー・バーチ氏が「ドリンク・ビジネス・グリーン・アワード」で「ライフ タイプ アチーブメント賞」を受賞。
南アフリカソムリエカップが開催される。
ワインの輸出量が525.3万トンを記録。初めて500万トンを上回る。 
2015年 ドリンク・ビジネス・グリーン・アワード2015にて、バックスバーグ エステート セラーが「アモーリム・サスティナビリティ賞」を受賞、またオーナーのミシェル・バックが「ライフ タイム アチーブメント賞」を受賞。ラ・モッテのブドウ栽培家が「ドリンク・ビジネス・グリーン・アワード」の個人賞を受賞。
2016年 マスターオブワインが選ぶワインメーカーオブザイヤーに南アフリカのイーベンサディが選ばれる。米国のワインエンスージアストにてアンドレアマリヌーがワインメーカーオブザイヤーを受賞。
南アフリカワインの米国での売上について、数量で対前年比14%増加。金額ベースで同25%増加。
南アフリカワインの取引値が上昇。英国では13%増、ドイツやカナダでは19%増、オランダでは32%増。
南アフリカソムリエカップが開催される。


※参考「南アフリカワインのすべて」田辺由美著、WOSAホームページ他


 
 
 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
ワイン好き、アフリカ好きの夫婦。 夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。 アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるべく夫婦で「アフリカー」を立ち上げ。
店長日記
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR