南アフリカワインの総合通販サイト。オーソドックスなワインからマニアックなワインまで揃う、日本最大級の南アフリカワインショップです。自社輸入ワインもあります。

  1. ホーム
  2.  > 白ワイン
  3.  > その他、リースリング、ヴィオニエ、セミヨン、その他ブレンド
  4.  > スピオンコップ リースリング 2016 Spioenkop Reisling 【南アフリカワイン】【白ワイン】
  1. ホーム  >  全てのワイン
  2.  > スピオンコップ リースリング 2016 Spioenkop Reisling 【南アフリカワイン】【白ワイン】
  1. ホーム  >  ワイナリー一覧(五十音順)  >  スピオンコップ
  2.  > スピオンコップ リースリング 2016 Spioenkop Reisling 【南アフリカワイン】【白ワイン】
  1. ホーム  >  3001円〜5000円
  2.  > スピオンコップ リースリング 2016 Spioenkop Reisling 【南アフリカワイン】【白ワイン】

スピオンコップ リースリング 2016 Spioenkop Reisling 【南アフリカワイン】【白ワイン】

粘土や砂、礫岩に由来するミネラル。チャコールやジンジャーのようなアロマ。未熟のパイナップル、ピーチやアプリコットなど非常に果実味が豊かで、ハーブ、レモンの柑橘系の香りが広がります。

<醸造家クンのコメント>
2016年の収穫時期はとても暑く、乾燥していました。私が造るリースリングは、辛口な飲み口としっかりとした骨格が特徴で、口の中で砕いた石や砂のようなアーシーなミネラル感と、香り同様にオイリーな風味が広がり、長い余韻を楽しむことができます。」

辛口でオイリーな味わいのリースリングは食事全体を通して楽しむことができ、特に魚介類との相性も抜群です。ロブスタービスクやなどさまざまなスタイルに合わせられるほか、ポークベリーのグリルや鴨肉のロースト、お寿司や刺身などの生ものにもよく合います。

受賞・評価


2016年ヴィンテージ:ティムアトキン95点
2015年ヴィンテージ:6大陸ワインチャレンジ ダブルゴールド

ワインが出来るまで



土壌・畑:紅土の礫岩土壌(フェリクリート)。標高300m、西〜南東向きの畑。
醸造:樹齢8年。18圓両箱で手摘み収穫。収穫後は10℃の冷暗所に一晩置いて休ませます。厳しく選別 した後、除梗。除梗後 スキンコンタクトはせず、すぐにバスケットプレスで穏やかに圧搾。搾汁後は1日落ち着かせてから、野生酵母にて13〜17℃で1カ月間、低温発酵させます。すべてをステンレスタンクで行い、18カ月の熟成期間

ワイナリーについて



スピオンコップは、南アフリカ・エルギン地区、エルギンヴァレーの麓に位置するカルト的人気のワイナリーです。

オーナー兼醸造家のクン・ルースは、母国ベルギーでエンジニアとして活躍したのち、ソムリエへ転身。
ワインのトレーダーとして南アフリカワインを欧州で販売していた縁で、南アフリカ人醸造家フランソワ・ノード (L’Avenirを有名にした偉大な醸造家、ピノタージュの名手)に出会います。

彼の勧めでワイン造りの道へ。 トレーダーの仕事を友人に任せて南アフリカに渡り、ラヴェニール(L’Avenir)とTokara(トカラ)で研鑽を積みます。

ブルゴーニュのワイナリーでも経験を積み、2005年に自身のワイナリーをエルギンに設立。設立から5年を経て、2010年に初ヴィンテージをリリースしました。

当初は、エルギンの冷涼な気候と土壌に合ったソーヴィニヨンブランやピノ・ノワールを植えていましたが、当時、エルギンの常識では考えられなかったシュナンブランとピノタージュを植樹したことで大きな話題に。

「変わり者のクン」と呼ばれる彼だが、類まれな才能と情熱を世界屈指のテロワールであるエルギンに注ぎ、造り上げるワインは短時間で世界レベルに達している。また、南アフリカのワイナリーを早くから高く評価している英国人MWでワインジャーナリストのティム・アトキンも、このスピオンコップによく訪れている。

クンはブルゴーニュ時代に学んだ「母なる大地は尊ばれるべきである(Mother Nature needs to be respected.)」という言葉に忠実に、ぶどう畑こそがすべてであり、育った果実を素直にワインに仕上げることをワイン造りのモットーにしています。
彼のワイン造りは、彼の師であり英雄であるフランソワ・ノードと、マイルズ・ モソップ(L’Avenir、Tokaraの元醸造責任者)の下で学んだワイン造りが基盤となっています。

畑の広さは全体で46ヘクタールであるものの、ブドウが造られる区画は日当たりや水はけを考え、わずか12ヘクタールにとどめています。標高300メートルの斜面に畑が広がり、有機栽培で育てられ、収穫は全て手摘み。

「スピオンコップ」という名前は、南アフリカが植民地時代に英国人とオランダ系アフリカーナーとの間で起こったボーア戦争の戦に由来しています。スピオンコップの戦いは、1900年にクワズルナタル州で勃発しました。

ワイン基本情報



スピオンコップ リースリング 2016
Spioenkop Riesling

原産国/地域:南アフリカ/エルギン
タイプ:白/辛口
主要品種:リースリング100%
アルコール:12.5%
容量:750ml



販売価格 3,800円(税込4,104円)
購入数
  • ↑
  • ↓



   6000円以上(税込6480円)で送料割引!!

  10000円以上(税込10800円)で送料無料!!

        送料の詳細はこちら

ご注文、お問い合わせ ⇒ 03-5856-9435

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年の方には販売出来ません。



























南アフリカワインの魅力

南アフリカワイン産地は『世界自然遺産』の中にあり、世界一美しい産地と言われている。

超大自然で造られるワインは果実味がとても豊かで高品質。そして価格もお手頃。

ブドウ栽培時に薬品が殆ど使われていない為、地球にも身体にも優しい!
 (酸化防止剤が世界一少ない地域)





アフリカーのこだわり

.▲侫螢ーは夫婦経営の小さなショップです。小さなショップだからこそ顔の見える経営を心がけています。アフリカとワインが大好きでアフリカの良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、アフリカに特化した酒屋を始めました。店名は『アフリカ』と『リカー(酒)』をかけました。

徹底した品質管理(14℃で保管)

F本最大級の品揃え!!南アフリカワイン300種類以上!



Recommend Item

当店おすすめ商品はコチラ!!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
南アフリカワイン通販のアフリカー
小泉貴恵 & 小泉俊幸
南アフリカワインを愛する店主ソムリエ小泉俊幸と妻の貴恵が運営するワインショップ。夫婦で世界40か国を旅した元バックパッカー。アフリカは、半年間かけて縦断し、キャンプをしながら南アフリカワインを飲みまくる。そして店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚め、スクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。
店長日記
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR