南アフリカワインの総合通販サイト。オーソドックスなワインからマニアックなワインまで揃う、日本最大級の南アフリカワインショップです。自社輸入ワインもあります。

  1. ホーム
  2.  > ブランデー、ビール、ジン他
  3.  > オウデ・モーレン OUDE MOLEN XO Cape Brandy 【南アフリカブランデー】
  1. ホーム  >  5001円〜10000円
  2.  > オウデ・モーレン OUDE MOLEN XO Cape Brandy 【南アフリカブランデー】
  1. ホーム  >  直輸入ワイン
  2.  > オウデ・モーレン OUDE MOLEN XO Cape Brandy 【南アフリカブランデー】

オウデ・モーレン OUDE MOLEN XO Cape Brandy 【南アフリカブランデー】

最大16年もの熟成を経た、複雑さと豊かさを存分に感じられるプレミアムブランデー。大切な方への贈り物にもおすすめです。

桃のコンポートやオレンジの香り、花のニュアンスなど、長期熟成を経た複雑な香りが感じられ、高級感のある逸品です。ミルクチョコレートのようなまろやかで心地よい口当たりで甘やかさも感じますが、シトラスのような酸がしっかりとあり、ドライで男性的な味わいです。

【メーカーコメント】
ココナッツやトロピカルフルーツの香りに、ライチやバナナのニュアンス、そして桃やアプリコットのニュアンスが口中に広がります。比類なきオークの選択により、ソフトな口当たりと長く飲み応えのあるフィニッシュを実現しています。
ペアリングはソフトカマンベールチーズとの相性が抜群。カマンベールチーズの贅沢でソフトな口当たりは、XOケープブランデーの滑らかなフィニッシュを魔法のように引き立て、このブランデーにより、チーズのナッツやスパイスの風味を引き立てる、まさにマリアージュです。

受賞・評価



ミケランジェロ・国際ワイン&スピリッツ・アワード ダブルゴールド受賞(2019)

ブランデーが出来るまで



品種:シュナンブラン、コロンバール
熟成:オーク樽にて10年〜16年。
オウデ・モーレンは高地にあり、冷涼な気候のエリアに位置します。そのため、蒸発損失が少なく、長期熟成のXOケープブランデーにとって理想的な、ゆっくりとした熟成条件が整っています。
熟成中、40%近くが“天使の分け前(※)”として失われてしまいましたが、私たちが楽しめるように残っているのは、まさに最高のものなのです。
(※)熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りすること。

XOグレードのケープブランデーは、すべてオーク樽で10年以上熟成させる必要がありますが、このXOに使用されているブランデーは、これよりもはるかに古いものが多く、XOグレードの中でも例外的なものです。最も古いブランデーは、16年間辛抱強く熟成されています。

生産者について



オウデ・モーレンは1910年、ルネ・サントハーゲンスによってステレンボッシュ郊外に設立された蒸留所です。(現在はエルギンバレーに移転)
ルネはコニャックで蒸留技術を習得した後、ケープでオウデ・モーレンを設立。瞬く間に評判を得るようになりました。彼の蒸留方法は当時画期的なものであったため、1924年に法律で定められ、現在もケープブランデーの品質基準を支えています。
今日もオウデ・モーレンのケープ・ブランデー・シリーズは、アフリカ南端の果実味豊かで熟成されたブランデーの究極の表現として、国際的に高く評価されています。

【ロゴマークの由来】

その昔、ステレンボッシュでは町の創設者を讃える催しが毎年開催され、その中で、オウムの絵が描かれた射的の競技が行われました。この競技はオウデ・モーレン蒸留所の近くで行われ、蒸留所のすぐそばにある丘は「パパガアイバーグ(オウムの山)」と呼ばれるようになりました。このことから、オウムの徽章と「Touchant tojours le but」(常に的を射る)というモットーが生まれ、ロゴマークにも使用されています。

【南アフリカブランデーおよびルネの歴史】

南アフリカにおけるブランデー製造の歴史は、1672年、オランダ船上でケープワインを蒸留したことから始まります。それ以来、植民地時代の訪問者の移り変わりとともに、製造方法は進化してきましたが、中でも最も有名なのは、レニエ・“ルネ”・ヴァン・アイベルゲン・サントハーゲンスです。

ルネは、南アフリカで初めて、フランスの古い伝統に従ったブランデー造りに取り組み、これこそが今日の南アフリカにおけるブランデー製造の礎を築くこととなりました。

本格的なブランデーに対する彼の情熱と、1924年のワイン・スピリッツ法の制定により、南アフリカは世界で最も成功したブランデー生産国の1つであり続けています。ルネが始めたブランデーの製造方法は今日でも使われており、彼は広く南アフリカブランデーの父と呼ばれています。

ルネはブリュッセル大学で化学工学を学んだ後、フランスの有名なブドウ畑でブランデーとワイン造りに情熱を燃やしました。1897年、南アフリカのビジネスマンとの偶然の出会いにより、ルネは南アフリカのプレトリアにある蒸留所に移り、そこでジンの蒸留方法を改良するなど、計り知れない才能を発揮し始めました。

1899年、アングル・ボーア戦争が勃発し、ルネのいた蒸留所の生産がストップ。そのためルネはフランスのコニャック地方に戻ることを決断しました。フランス滞在中は、ジンではなくブランデーの蒸留方法の改良に没頭しました。

戦後、南アフリカに戻ったルネは、幸運にもオークションで古いポットスチルを購入することができました。ルネとその妻は西ケープ州のステレンボッシュ地区に定住しましたが、伝統的なブランデー「ケープ・ドップ」の品質の低さに落胆。このことがきっかけで、ルネは本格的なブランデー製造の水準向上に生涯を捧げるようになりました。

ルネはその後、協同組合とゴールデンライオン蒸留所を設立し、1908年には農場のマネージャーにも就任しましたが、コニャック製造に関する知識を活かして、独自の高級ケープブランデーを製造することが彼の1番の夢でした。

1909年、ルネはステレンボッシュ郊外に位置するオウデ・モーレン農場を購入し、1910年、コニャック製造の伝統的な技術を用い、フレンチオーク樽で熟成させた初の高級ブランデーの製造を開始しました。この「サンティズ・プレミア・ブランデー」は南アフリカ全土に名声をもたらし、蒸留所は繁栄し始めました。

2003年以降、オウデ・モーレン蒸溜所はエルギンバレーに位置しています。ロングセシル、ロングトム、ビッグバーサの3つの銅製蒸留器から、純度と果実味の両方で国際的に高く評価されるブランデーが生まれています。

基本情報



オウデ・モーレン XO ケープブランデー
OUDE MOLEN XO Cape Brandy

原産国/地域:南アフリカ/エルギン
タイプ:ブランデー
主要品種:シュナンブラン、コロンバール
アルコール度数:40%
容量:750ml



販売価格 10,000円(税込11,000円)
購入数
  • ↑
  • ↓



6,000円以上(税込6,600円)で送料割引!!

10,000円以上(税込11,000円)で(通常便)送料無料!!

送料の詳細はこちら

ご注文、お問い合わせ ⇒ 03-6231-0264

20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方には販売出来ません。



























南アフリカワインの魅力

南アフリカワイン産地は『世界自然遺産』の中にあり、世界一美しい産地と言われている。

超大自然で造られるワインは果実味がとても豊かで高品質。そして価格もお手頃。

ブドウ栽培時に薬品が殆ど使われていない為、地球にも身体にも優しい!






アフリカーのこだわり

.▲侫螢ーは夫婦経営の小さなショップです。小さなショップだからこそ顔の見える経営を心がけています。アフリカとワインが大好きでアフリカの良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、アフリカに特化した酒屋を始めました。店名は『アフリカ』と『リカー(酒)』をかけました。

徹底した品質管理(定温で保管)

F本最大級の品揃え!!南アフリカワイン300種類以上!



Recommend Item

当店おすすめ商品はコチラ!!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
小泉 俊幸
当店は、南アフリカワイン大好きな店主ソムリエが愛情と情熱を込めて運営している南アフリカワイン専門店です。ごゆっくりとお買い物をお楽しみください。ブログには、南アフリカワインに関するネタが沢山書かれていますので、是非ご覧ください。
店長日記
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR