南アフリカワインの総合通販サイト。オーソドックスなワインからマニアックなワインまで揃う、日本最大級の南アフリカワインショップです。自社輸入ワインもあります。

  1. ホーム
  2.  > 赤ワイン
  3.  > カベルネソーヴィニヨン/メルロー/カベルネフラン/ボルドーブレンド
  4.  > ウェザー・リポート アトラス 2019 Wether Report Atlas 【南アフリカワイン】【赤ワイン】
  1. ホーム  >  全てのワイン
  2.  > ウェザー・リポート アトラス 2019 Wether Report Atlas 【南アフリカワイン】【赤ワイン】
  1. ホーム  >  3001円〜5000円
  2.  > ウェザー・リポート アトラス 2019 Wether Report Atlas 【南アフリカワイン】【赤ワイン】

ウェザー・リポート アトラス 2019 Wether Report Atlas 【南アフリカワイン】【赤ワイン】

カベルネ・フランにわずかにサンソーをブレンドした赤ワイン。品種特有のピーマン香も感じられますが、熟した柔らかさがあり、心地よい。南アのカベルネフランの教科書のようなワイン!バランス感に富んだ素晴らしい1本です。

【Tasting Note】
外観は、澄んだ輝きのあるルビー色。濃淡はやや淡く軽い粘性。少し若さを脱したような印象です。
香りはしっかりと感じられ、熟したブラックベリー、カシスやプラム、スイカ、そして熟したピーマンのようなの印象。味わい、アタックはややしっかり。穏やかな酸味があり、ほのかな甘味を感じます。きめ細やかなタンニンがあり、余韻には甘やかさと酸味が残ります。カベルネフランらしいピーマン香があり、しかしながら嫌らしさはなく、バランス感抜群!上品で力強い素晴らしい1本。

受賞・評価歴



2020年ヴィンテージ:ティムアトキン91点
2019年ヴィンテージ:ティムアトキン93点

ワインが出来るまで



1区画につき、2回収穫を行います。20年は5区画で、最初の収穫は必ず100%全房で使用します。そして、2回目の収穫は約40〜60%全房です(土壌の種類により異なります)。
肥沃な土壌は全房の比率が多く、砂地や岩石の多い土壌は比率が低いです。すべて自然発酵で、最低でもすべて30日間マセレーション行い、とても丁寧にプレスをします。

古木樽で12カ月から14カ月熟成させます。最初の冬にワインを取り出し、ワインに息をさせます。その後、ブレンドするまで、一切動かしません。
ブレンドし、ボトリング時に微量のSO2を添加します。ノンフィルター。

ワイナリーについて



ウェザーリポートは、南アのカベルネ・フランを使ったブレンド赤ワインで有名な「キート・ワイン」オーナーの甥「クリストファー・キート氏」が手掛ける新生ワイナリーです。



===クリストファー・キート氏による自己紹介===

畑は5区画持っています。エルギンに2カ所、ボットリバーに1カ所、ウェリントンに1カ所、パールに1カ所です。よって本当に広範囲にあります。
ウェザーリーポートはケープタウン全体を捉えることを目指しております。
2021年ヴィンテージは、さらに増え7区画からとなります。(ボットリバーが1カ所、Hemel-en-Aardeの高いところが1カ所増えます)。

来年はエルギンに新しい樹を植えるので、とても楽しみです。

経歴:ワイン醸造家でもある叔父(彼は私と同じ名前のクリストファー・キートです)に触発されて、ステレンボッシュ大学でワインを学びました。彼の醸造スタイルは古い世界のとてもクラシックスタイルですが、彼もまたカベルネフランにハマっております。私はこれをナチュラルなスタイルで造るともっと可能性があるのではといつも思っておりました。

よってここで私が造ることにしました。私のスタイルは、ルシヨン、プリオラート、そしてチリとウルグアイを旅して、経験した収穫によって定義されます。18歳のとき、シェフなりたかったのですが両親がシェフになるという考えをあまり支持してくれなかったので、私はワイン醸造の道に進むことにしました。ワイン醸造はシェフよりも、もう少し「真面目な」職業です(笑)

歴史:歴史としては叔父による影響だけです。彼は私にとってとても特別な人でした。とても興味深いことに、彼はなんと琉球空手の黒帯5段を持っています。
彼はKeet Wines(私達のファミリーネームです)の名でワイナリーを持っております。現在、ウェザーリーポートの歴史はまだ何もありません。

ラベルについて:ウェザーリーポートという名前にした理由は、私は天気が大好きで、天気には混沌と美しさがあり、それが人生において重要だからです。私は、各ヴィンテージの天候が各ワインに顕著な特徴を残し、ヴィンテージにより個性が生まれることを望んでいます。実際、私がこの名前を選んだのは、私を特定の場所に限定するものではなく、ワインが時空を超えて成長し、進化するということを信じており、また自然哲学な観点も備えているからです。

目指すスタイル:私が飲みたいと思うワインを造りたいです。軽くて、骨格があり、アロマティックです。マセラシオンを長い時間すると、一般的に高いフレーバーと凝縮感のあるワインができます。
これは、私のワインが十分に熟成できるポテンシャルがあるだけではなく、瓶の中で興味深い成長をします。私の意図するものです。

規模について:私一人でやっています(笑)でも、妻が加わることになり、小さな家族経営となります。彼女は素晴らしい園芸家であり、写真家でもあります。

こだわりについて:畑には科学物質は一切使いません。カバークロップをまき、より小さな粒とより高い天然の酸を得るために、精力的に正確なキャノピー管理を促進します。

将来の目標:将来がとても楽しみしです。今、Skurfberg Muscatを造っております。MCとダンと共有しております。よって、同じぶどうでも人により、違うワインができるので興味深いと思います。さらに小さな畑を購入したので、そこに樹を植えます。将来の夢についてはたくさんあります。

ワイン基本情報



ウェザー・リポート アトラス 2019
Wether Report Atlas

原産国/地域:南アフリカ/ウェスタンケープ
タイプ:赤/フルボディ
主要品種:カベルネフラン92%、サンソ―8%
アルコール:14.5%
容量:750ml



販売価格 3,800円(税込4,180円)
購入数
  • ↑
  • ↓



6,000円以上(税込6,600円)で送料割引!!

10,000円以上(税込11,000円)で(通常便)送料無料!!

送料の詳細はこちら

ご注文、お問い合わせ ⇒ 03-6231-0264

20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方には販売出来ません。



























南アフリカワインの魅力

南アフリカワイン産地は『世界自然遺産』の中にあり、世界一美しい産地と言われている。

超大自然で造られるワインは果実味がとても豊かで高品質。そして価格もお手頃。

ブドウ栽培時に薬品が殆ど使われていない為、地球にも身体にも優しい!






アフリカーのこだわり

.▲侫螢ーは夫婦経営の小さなショップです。小さなショップだからこそ顔の見える経営を心がけています。アフリカとワインが大好きでアフリカの良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、アフリカに特化した酒屋を始めました。店名は『アフリカ』と『リカー(酒)』をかけました。

徹底した品質管理(定温で保管)

F本最大級の品揃え!!南アフリカワイン300種類以上!



Recommend Item

当店おすすめ商品はコチラ!!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
小泉 俊幸
当店は、南アフリカワイン大好きな店主ソムリエが愛情と情熱を込めて運営している南アフリカワイン専門店です。ごゆっくりとお買い物をお楽しみください。ブログには、南アフリカワインに関するネタが沢山書かれていますので、是非ご覧ください。
店長日記
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
グレーで塗られている日付は休業日です。 ご注文は24時間365日受け付けております。
Mobile Shop
QR